考古学ブログ: Ours! 近江貝塚研究会

その事務局員が成長を目指して綴るバラエティー

考古学に活路を見出したい人のためのブログ。近江貝塚研究会は、日本で一番ゆるくてハードな考古系研究会。毎月1回の例会は参加費無料・飛び入り歓迎。近江・貝塚・縄文の枠を取り払って学び合います!

paper-1990111_640

298回例会  特集:〈微細資料を通して過去を見つめる

日時:2018825(土)午後1:30~午後6:00  〈研究報告60分+質疑応答60分〉×2本

場所:滋賀県埋蔵文化財センター 2階研修室

    http://shiga-bunkazai.jp/%e5%88%a9%e7%94%a8%e6%a1%88%e5%86%85/

JR瀬田駅発 滋賀医大(大学病院)行きバス 「文化ゾーン前」下車徒歩5分 

(帝産バス12:45発 もしくは 近江バス1305発の乗車がおススメです。)

 

報告1:柳原 麻子さん| 大津市教育委員会 |

    関西地方における縄文時代中後期の植物利用の変化

(要旨)縄文時代後期の関西地方において検討されている、東からの集団の移動の可能性について植物利用の観点から考察を行った。特に今回は当該地域における種子圧痕や植物遺体の検出事例と、集落との関わりに着目する。

 

報告2:渋谷 綾子さん| 国立歴史民俗博物館 |

考古学の分析手法を超える:古文書の起源追跡のための和紙の構成物分析

〈要旨〉私がこれまで行ってきた考古資料に対するデンプン粒の分析では,デンプン粒の由来する植物の特定(同定)にもとづいて,石器や土器の道具としての用途,加工・調理の対象となった植物,遺跡の環境とその変遷が明らかとなってきた。このデンプン粒の分析,特に2010年に私が提案したデンプン粒の形態学的特徴の定量化から植物同定につなげる方法が古文書の紙(料紙)に応用できる可能性が,近年文化財科学の分野で指摘され始め,料紙に加えられたデンプン粒の分析が試みられている。

 国立歴史民俗博物館「総合資料学の創成」プロジェクトでは,東京大学史料編纂所との共同研究として,2017年度から繊維やデンプンなど古文書料紙の原材料の分析を進めており,結果を蓄積してきている。本発表では,現在までの研究結果とともに,料紙研究の現状と課題,古文書の起源の追跡にむけた構成物分析の展望を検討したい。

_________________________________

・懇親会(会費 社会人3000円前後、学生2000円前後)もあります。親交拡大にご活用下さい(JR大津駅前「養老の滝」の予定)。

・災害やインフルエンザ等の流行などに伴い、急遽中止になることもあります。怪しいときはお手数ですが、必ず 瀬口携帯 090-1441-5104(それからブログ!http://koukogaku.blog.jp/ )などでご確認下さい。


愛知県田原市教育委員会 増山禎之さんから報告書刊行のご案内です。貴重な製塩遺跡の事例。よろしければ是非。概要は以下、詳細は画像のとおりです。(瀬口眞司)

--------------------------------------

愛知県田原市教育委員会では別添のように古墳から古代の製塩遺跡の調査をまとめた報告書を刊行しました。渥美半島は製塩遺跡が分布する地域として著名ですが、このたび製塩遺跡群が分布する一帯の保存の良い遺跡2か所、また過去の調査資料、分布調査の内容をまとめました。生産地域一帯をまとめた報告として貴重な事例であります。一般の頒布もしておりますのでよろしければご利用くださいますようお願いいたします。

 

渥美半島の製塩遺跡群 七本松遺跡・一膳松遺跡の発掘調査及び製塩関係遺跡の調査報告書 田原市教育委員会 2018 頒布価格800円

 

田原市教育委員会 増山禎之(田原市博物館内)

0531-22-1720 museumcity.tahara.aichi.jp ●=@にする

製塩遺跡報告書PR

soap-bubble-1985092_640

近江貝塚研究会 第297回例会  
特集:〈
玉に託され、玉が果たした役割


日時:201
8728(土)
   
午後1:30~午後6:00  
   〈研究報告60分+質疑応答60分〉×2本


場所:滋賀県埋蔵文化財センター 2階研修室

    http://shiga-bunkazai.jp/%e5%88%a9%e7%94%a8%e6%a1%88%e5%86%85/

JR瀬田駅発 滋賀医大(大学病院)行きバス 「文化ゾーン前」下車徒歩5分 

(帝産バス12:45発 もしくは 近江バス1305発の乗車がおススメです。)

 

報告1:米田 克彦さん| 岡山県古代吉備文化財センター |

    玉から何が分かるのか ‐弥生・古墳時代を中心に-

(要旨)玉は縄文時代から古墳時代に盛行した装身具や祭祀具の一つであり、これまで多岐にわたって調査研究が進められてきた。本発表では、玉・玉作研究の現状を整理し、玉から何が分かるのかを検討する。具体的には、考古資料としての玉の属性と役割、弥生時代から古墳時代を中心に玉の特徴、玉作遺跡の変遷、生産内容、製作技術の変遷と地域性を整理するとともに、玉文化の終焉にも触れ、玉の歴史的意義について考える。

 

報告2:谷澤 亜里さん| 九州大学総合研究博物館 |

古墳時代前期における玉類の「伝世」

〈要旨〉近年の研究の進展により、弥生・古墳時代の玉類は、消費地出土の製品の観察から、製作地、製作時期を一定程度絞り込めるようになっている。空間分布の検討から流通関係の解明も進んでいるが、その背後にある玉類の入手・保有形態の具体像については未だ議論の余地がある。また、先行研究において玉類はしばしば「伝世」が想定され、特に前期古墳出土の翡翠製勾玉の来歴の理解は、古墳時代開始過程のイメージにも関わる。以上をふまえ、本発表では「伝世」現象に着目して古墳時代前期における玉類の入手・保有の実態を考える。まず、前期古墳出土の玉類のうちどのようなものが「伝世品」と考えられるか検討する。そのうえで、「伝世品」がどのような玉類と組み合うか、どのような古墳に副葬されているかを、いくつかの事例を取り上げて分析し、具体的な入手・保有のありかたを考察する。

_________________________________

・懇親会(会費 社会人3000円前後、学生2000円前後)もあります。親交拡大にご活用下さい(JR大津駅前「養老の滝」の予定)。

・災害やインフルエンザ等の流行などに伴い、急遽中止になることもあります。怪しいときはお手数ですが、必ず 本ブログhttp://koukogaku.blog.jp/ などでご確認下さい。

 


ax-1008981_640

Ours-News-Preview!
近江貝塚研究会事務局からのご案内です。

 

◆9月例会の速報版です。今回は、「組み合わせ」から実像を映し出していく手法と事例を学び、芸の幅を広げましょう!より詳しいことは後日、またご報告。いますぐ手帳をチェック!ご予定をご記入ください。

 

月例会(第299回) 特集:組み合わせから過去を映し出す

 

日時:929日(土)13:30  

会場:滋賀県埋蔵文化財センター・2階研修室 

http://www.shiga-bunkazai.jp/%e5%88%a9%e7%94%a8%e6%a1%88%e5%86%85/

 

報告1:大石 雅興さん同志社大学

〈タイトル〉八ヶ岳西南麓における所謂「有孔鍔付土器」-形状と土器組成からの一視点-

〈あらまし〉縄文時代中期に見られる「有孔鍔付土器」と呼ばれる土器を、八ヶ岳西南麓地域出土資料の土器組成や形状分類から考えます。

 

報告2:森 貴教さん|新潟大学特任助教

〈タイトル〉弥生時代近畿地方における鉄器化―砥石分析による再検討―

〈あらまし〉近畿地方の弥生時代後半期における農工具の材質変化(鉄器化)について、加工具である砥石の通時的分析に基づいて考察する。

 

ではでは!!  瀬口眞司


peru-2774925__340

 名古屋大学の市川 彰さん(名古屋大学)から、古代アメリカ学会西日本部会研究懇談会のご案内です。6月15日頃には、抄録がHPにもアップされるようです。http://jssaa.rwx.jp/

 土器製作の開始、農耕の開始、さらには神殿建設の開始などの研究に際して観点を広げる絶好のチャンス。これらをテーマにしている方は必聴でしょう、きっと。ご興味のある方、ぜひ!(瀬口眞司)

ーーーーーーーーーーーーーーー

【研究懇談会概要】
「南アメリカにおける土器と神殿の起源」と題した今回の研究懇談会では、エクアドルとペルーで精力的に調査を展開しているお二人をお招きし、最新の調査成果についてご報告いただきます。新大陸のみならず人類史研究全般に重要なトピックである、土器製作の開始、農耕の開始、さらには神殿建設の開始について、本懇談会を通じて情報交換や議論を広げていきたいと思います。是非この機会にふるってご参加ください。


【日時】2018630日(土)13301700頃まで


趣旨説明 1330
発表1 13351505(発表時間1時間+コメントおよび質疑応答30分)
小休憩 1505152015分)
発表2 15201650(発表時間1時間+コメントおよび質疑応答30分)


発表1「エクアドル沿岸部の土器出現前後の変化」
【発表者】鹿又喜隆(東北大学)
【コメンテーター】青山和夫(茨城大学)
【概要】エクアドルのサンタエレーナ半島は、新大陸の土器の起源地と長らく考えられてきた。その代表がバルディビア文化であり、2014年から続くレアルアルト遺跡の発掘調査と研究は、新たな知見をもたらしている。本発表では、土器出現前後のラスベガス文化と初期バルディビア文化を比較し、その変化の実態を説明する。新要素としての土器のみならず、石器の技術・機能に関する詳細な分析結果について報告したい。


発表2「アンデス文明の最初期の神殿について:その成立過程と性格に関する試論」
【発表者】鶴見英成(東京大学総合研究博物館)
【コメンテーター】関 雄二(国立民族学博物館)
【概要】紀元前3000年頃より、神殿と呼ばれる大規模で公共的な祭祀建築が、ペルー北部の海岸・山地の各地に登場した。その築造と増改築が反復されたことが、アンデス文明の形成を促したとされる。とくに最初期の神殿群はどういった背景のもとに生まれ、アンデス文明の公共建築の伝統にどのような性格を与えたのだろうか。モスキート遺跡、コトシュ遺跡、ハンカオ遺跡の発掘調査や、地上絵・岩絵を含む広域踏査などの成果をふまえ、生業、交易、景観などに関するいくつかの仮説を複合的に提示する。


【会場】名古屋大学文学部棟 127号室
【主催】古代アメリカ学会
【連絡先】
・西日本部会幹事・市川 彰(名古屋大学)ichiaki5*lit.nagoya-u.ac.jp
・古代アメリカ学会事務局 jssaa*sa.rwx.jp
(上記アドレスの*@に換えて下さい

field-3301987_640

296回例会  
特集:〈
新起点から問う/その試行錯誤に学ぶ

研究の醍醐味の一つは、新たな観点にたつ新たな展望の開拓。試行錯誤を恐れず、自らのレールを敷き、アタックを繰り返しているお二人の登場です。お聞き逃しなく!


日時:201
830(土)午後1:30~午後6:00 

 〈研究報告60分+質疑応答60分〉×2本


場所:滋賀県埋蔵文化財センター 2階研修室

    http://shiga-bunkazai.jp/%e5%88%a9%e7%94%a8%e6%a1%88%e5%86%85/

JR瀬田駅発 滋賀医大(大学病院)行きバス 「文化ゾーン前」下車徒歩5分 

(帝産バス12:45発 もしくは 近江バス1305発の乗車がおススメです。)

 

報告1:河本 純一さん| 大阪府文化財センター |

    北東北における縄文土器胎土の研究

(要旨)青森・秋田・岩手の3県において、縄文土器の胎土研究がどのように進められてきたかを確認し、発表者が岩手県で得たデータを中心に、当地域の縄文土器胎土から何が分かるのかを検討する。

 

報告2:藤井 整さん| 京都府教育委員会 |

弥生墓制からみた古墳成立期の諸問題

〈要旨〉近畿地方における社会の成層化は、中期後葉に一時的な高揚を見せるものの、安定した階層性が表出するのは後期末を待たねばならず、また、その基盤は家族や世帯ではなく出自集団であった。多様な副葬品の存在が注目される近畿北部もまた、社会組織としてみた時、近畿中央部との間に質的な差異はない。この点については、田中良之氏と溝口孝司氏がそれぞれ親族構造や墓地形成における広域の共通性に言及しており、マクロな視点からの検討が必要である。その上で、赤坂今井と楯築の差異、そして両地域では古墳が成立しないことの意味についても考えたい。

_________________________________

・懇親会(会費 社会人3000円前後、学生2000円前後)もあります。親交拡大にご活用下さい(JR大津駅前「養老の滝」の予定)。

・災害やインフルエンザ等の流行などに伴い、急遽中止になることもあります。怪しいときはお手数ですが、必ず ブログ!http://koukogaku.blog.jp/ などでご確認下さい。


soybeans-2039642_640

Ours-News-Preview! 近江貝塚研究会事務局からのご案内です。

8月例会の速報版です。種子圧痕や古文書料紙といった資料のミクロの観察を通して過去を明らかにする手法を共に学びます。より詳しいことは後日にまたご連絡。まずは、いますぐカレンダー・手帳に予定をご記入ください!

 

近江貝塚研8月例会(第298回)

特集:微細資料を通して過去を見つめる

 

日時825日(土)13:30  

会場:滋賀県埋蔵文化財センター・2階研修室 

http://www.shiga-bunkazai.jp/%e5%88%a9%e7%94%a8%e6%a1%88%e5%86%85/

 

報告1:柳原 麻子さん大津市教育委員会

〈タイトル〉関西地方における縄文時代中後期の植物利用の変化

〈あらまし〉縄文時代後期の関西地方において検討されている、東からの集団の移動の可能性について植物利用の観点から考察を行った。特に今回は当該地域における種子圧痕や植物遺体の検出事例と、集落との関わりに着目する。

 

報告2:渋谷 綾子さん|国立歴史民俗博物館

〈タイトル〉前近代の和紙の構成物分析にもとづく古文書の起源追跡:研究の展開と可能性

〈あらまし〉現在私は,考古学や植物学的な手法によって古文書料紙の構成物を分析し,古文書の起源の精細な追跡を行う研究を進めている。本発表では,現在までの研究結果とともに,料紙研究の現状と課題,古文書の起源の追跡にむけた構成物分析の展望を検討したい。

beach-2179183_640

富山の町田賢一さんから、第3回北陸貝塚研究会のご案内です。詳しくは下記フェイスブックのページをご覧ください。ムチャムチャ楽しそうでしょ!負けてられませんねー、近江も頑張りまーす。(瀬口眞司)

https://www.facebook.com/NorthlandShellmoundStudygroup/


以下、町田さんからのご案内。


--------------------------------

◆次回の北陸貝塚研究会についてご案内させていただきます。今回は貝塚から一旦離れて、YAYOI時代の土器です!北陸でホットな2つの弥生時代の遺跡から出土した小松式土器についてお二人から話をしていただきます。

日時:2018421日(土)1330分~

場所:環日本海交流館(富山駅から徒歩10分)

テーマー小松式土器はどこからやってきた

発表:①「KOMATSUの小松式(仮)」 下濱貴子氏

  :②「TAKAOKAの小松式(仮)」  岡田一広氏

*研究会終了後には懇親会も行います(美味しい料理があるお店を予約しました!)

*第1・2回の会場と今回の会場は異なり、かつ時間が前回よりも30分早く始まるのでご注意下さい 

皆様のご参加お待ち申し上げております。第4回は6月23日に予定しております。縄文時代のロングハウス特集です。詳しくは、Facebookをご覧ください。

https://www.facebook.com/NorthlandShellmoundStudygroup/

fallow-deer-602253_640

近江貝塚研究会5月例会(5/19)のご案内

特集名は〈資源利用研究/次段階への道!〉。2人の大学院生が資源利用研究を次のステージへ展開させるべく挑戦します。(瀬口眞司) 

-------------------------

◆第295回例会  

特集:〈資源利用研究/次段階への道!〉


日時:2018年5月19日(土)午後1:30~午後6:00  

〈研究報告60分+質疑応答60分〉×2本


場所:滋賀県埋蔵文化財センター 2階研修室

http://shiga-bunkazai.jp/%e5%88%a9%e7%94%a8%e6%a1%88%e5%86%85/

JR瀬田駅発 滋賀医大(大学病院)行きバス 「文化ゾーン前」下車徒歩5分 

(帝産バス12:45発 もしくは 近江バス1305発の乗車がおススメです。)

 

報告1:板垣 優河さん| 京都大学大学院 |

打製石斧の機能・用途研究

(要旨)縄文時代の遺跡からしばしば大量に出土する打製石斧は、一般的に土掘り用の石器として理解されている。しかしその出土量の多さとは裏腹に資料分析は充実しておらず、当時の経済基盤を支えた道具とみなされるも、生業研究の中では一括的に機能・用途が論じられることが多い。そこで本発表では、まず打製石斧の使用実験について報告し、作業で生じた痕跡をもとに石器の掘削対象土(砂質土・粘質土・ローム土等)や装着・操作法、使用頻度を推定するための評価基準を作成する。次に長野県を中心に出土資料の観察を進め、それぞれ遺跡における石器の使用状況について比較・検討する。なお、発表では野生根茎類の採掘技術に関する民俗例を示し、植物採集活動の視点から資料分析の結果を再評価してみたいと考えている。

 

報告2:佐藤 巧庸さん| 慶應義塾大学大学院修士課程 |

縄文時代前期の北陸地方におけるニホンジカの利用-鳥浜貝塚と小竹貝塚の比較を通じて-

〈要旨〉縄文時代においてニホンジカは主要な狩猟対象獣であり、食料や道具資源として利用され、遺跡からの出土量も非常に多いことから多数の研究が行われてきた。しかし、北陸地方においては総じて動物遺体の出土する遺跡が限られていたこともあり、地域的な検討が十分とは言い難い状況がある。そこで、本発表では縄文時代前期後葉の福井県鳥浜貝塚と富山県小竹貝塚出土ニホンジカを対象として、主に年齢査定と出土状況の分析結果について比較を行い、その結果から両遺跡におけるニホンジカの利用のあり方について検討を行う。二遺跡間におけるニホンジカの利用の比較を通じて、北陸地方で生活を営んでいた縄文人の生業の一端を明らかにすることが本発表の狙いである。

_________________________________

・懇親会(会費 社会人3000円前後、学生2000円前後)もあります。親交拡大にご活用下さい(JR大津駅前「養老の滝」の予定)。

・災害やインフルエンザ等の流行などに伴い、急遽中止になることもあります。怪しいときはお手数ですが、必ず ブログ!http://koukogaku.blog.jp/ などでご確認下さい。


Ours-News-Preview!近江貝塚研究会事務局からのご案内です。

 

7月例会の速報版です。若手の精鋭のお二人の発表を通して、〈玉に託され、玉が果たした役割〉を問い、学びます!より詳しいことは後日にまたご連絡。まずは、いますぐカレンダー・手帳に予定をご記入ください!

 

7月例会(第297回)  

特集:玉に託され、玉が果たした役割 

日時:728日(土)13:30  

会場:滋賀県埋蔵文化財センター・2階研修室 

http://www.shiga-bunkazai.jp/%e5%88%a9%e7%94%a8%e6%a1%88%e5%86%85/

 

報告1米田 克彦さん岡山県古代吉備文化財センター

〈タイトル〉玉から何が分かるのか ‐弥生・古墳時代を中心に‐

〈あらまし〉弥生時代から古墳時代の玉・玉作研究の現状や課題を整理し、玉から何が分かるのかを検討する。

 

報告2谷澤 亜里さん| 九州大学附属図書館付設教材開発センター

〈タイトル〉古墳時代前期における玉類の「伝世」

〈あらまし〉玉類の入手・消費の具体像について、長期保有された玉から考えます。 

 

ではでは!!  瀬口眞司

↑このページのトップヘ