考古学ブログ: Ours! 近江貝塚研究会

その事務局員が成長を目指して綴るバラエティー

考古学に活路を見出したい人のためのブログ。近江貝塚研究会は、日本で一番ゆるくてハードな考古系研究会。毎月1回の例会は参加費無料・飛び入り歓迎。近江・貝塚・縄文の枠を取り払って学び合います!

shells-792912_640

Ours-News-Preview! 近江貝塚研究会事務局からの例会先行案内

 

連投しちゃってごめんなさい!10月例会の速報版ですよ。
 豊富な資料に恵まれた房総半島に焦点を当てて、海産資源利用から古代史を読み解きます。貝塚研きっての強力タッグの1つですからね、資源利用に興味のある方、くれぐれもお聞き逃しなく。詳細は後日ご連絡。日程・内容などの概要は以下の通り。是非いますぐカレンダー・手帳にご記入ください!

 

10月例会(第288回)  

●特集:海産資源利用から読み解く古代史 

●日時 1021日(土)13:30~  

●会場 滋賀県埋蔵文化財センター・2階研修室 

http://www.shiga-bunkazai.jp/%e5%88%a9%e7%94%a8%e6%a1%88%e5%86%85/

 

●報告1, 

山崎 健さん| 奈良文化財研究所 |

〈タイトル〉古代における貝類利用の実態―房総地域の事例研究―

〈あらまし〉前回の発表において、古代では貝類に大きな価値の差異が認められ、文字資料と考古資料を比較することによって「中央へ貢進するための採貝活動」と「地元で流通・消費するための採貝活動」を分けて議論できる可能性を指摘した。そこで今回の発表では、質の高いデータが蓄積されている房総地域を事例として、古代における貝類利用の実態を検討してみたい。

 

●報告2, 

西野 雅人さん| 千葉市埋蔵文化財調査センター |

〈タイトル〉古代房総における海産資源の利用

〈あらまし〉房総半島における縄文中・後期の大規模貝塚集中は、海産資源の活発な利用が多くの人口と豊かな文化・社会を支えたことをものがたる。縄文晩期後半以降、貝塚は激減し大規模なものはみられないが、1980年代以降の発掘急増により小規模貝層をもつ集落が各時代に存在することが明らかになった。文献史料の研究成果も併せて古代房総における海産資源の利用のあり方を検討する。

 

ではでは!!  瀬口眞司

beach-2179183_640

近江貝塚研究会8月例会のご案内! 

特集名は、〈情報とモノの流れの捉え方/土器と下呂石を素材にして〉。遺物論を徹底的に議論します。卒論・修論で頑張っている学生さん、そして社会人のみなさん!「他山の石」がゴロゴロしてますからね、是非お運びください。

 

286回例会  

●特集:〈情報とモノの流れの捉え方/土器と下呂石を素材にして〉

●日時:2017年8月26日(土)午後1:30~午後6:00  

〈研究報告60分+質疑応答60分〉×2本

●場所:滋賀県埋蔵文化財センター 2階研修室

    http://shiga-bunkazai.jp/%e5%88%a9%e7%94%a8%e6%a1%88%e5%86%85/

JR瀬田駅発 滋賀医大(大学病院)行きバス 「文化ゾーン前」下車徒歩5分 

(帝産バス12:45発 もしくは 近江バス1305発の乗車がおススメです。)

 

●報告1:

岩永 祐貴さん| 奈良大学大学院 |

 岐阜県飛騨地方における縄文時代中期後半の土器群2

(要旨)飛騨地域における、縄文時代中期後半土器群の系統の整理を行い、当該地域の土器製作技法を周辺地域と比較し、製作技法の受容の実態を検討する

 

●報告2:

山内 良祐さん| 名古屋大学大学院 | 

 縄文時代の長良川中・上流域における下呂石利用

(要旨)縄文時代において利用された石材のうち、下呂石に着目して当時どのようにモノが流通していたかを探る。今回は特に岐阜県の長良川流域を対象とする。対象地域の下呂石利用の状況を把握し、石材の採集地を推定することにより、石材の流通ルートを探る。この推定した流通ルートや、下呂石の利用状況の違いがどのような条件によって生じてきたのかを検討する。

_________________________________

●懇親会(会費 社会人3000円前後、学生2000円前後)もあります。親交拡大にご活用下さい(JR大津駅前「養老の滝」の予定)。

●災害やインフルエンザ等の流行などに伴い、急遽中止になることもあります。

 怪しいときはお手数ですが、必ず 瀬口携帯 090-1441-5104(それからブログ!http://koukogaku.blog.jp/ )などでご確認下さい。


shell-1088984_640

Ours-News-Preview! 近江貝塚研究会事務局からのご案内です。

 

◆9月例会の速報版です。動物遺存体を取り扱う2名の若手研究者の登場です。過去と未来・2つの射程に対するアプローチを問い、学びあいます。詳細は後日ご連絡。日程・内容などの概要は以下の通り。是非いますぐカレンダー・手帳にご記入ください!

 

9月例会(第287回)  特集:動物遺存体の観察に学ぶ/過去と未来・2つの射程 

日時 9月23日(土)13:30~  

会場 滋賀県埋蔵文化財センター・2階研修室 

http://www.shiga-bunkazai.jp/%e5%88%a9%e7%94%a8%e6%a1%88%e5%86%85/

 

報告1, 納屋内 高史さん| 富山市教育委員会 |

〈タイトル〉貝塚から見た北陸地域の縄文時代前半期における生業変遷

〈あらまし〉小竹貝塚の動物遺存体の分析を中心に北陸の縄文時代前半期の生業変遷について考えます。

 

報告2, 松崎 哲也さん| 京都大学大学院 |

〈タイトル〉仮)被災資料の救援活動から見えてきたこと―遺跡出土動物遺存体と現生標本を中心に―

〈あらまし〉東日本大震災により被災した文化財等の救援活動および被災した貝塚出土資料の整理作業から見えてきた課題をもとに、とくに遺跡出土動物遺存体と現生標本を中心として文化財防災の観点から検討をおこなう。

 

では

lab-316553_640

お世話様です!近江貝塚研7月例会では、縄文植物利用・残存デンプン粒分析の立場から〈視点の広角化〉を進めたご検討をいただきます。引き出しを増やしたい方、視野を広げたい方、ヒントを見つけに是非お運びください!(瀬口眞司)


近江江貝塚研
究会 7月例会(第285回)  

特集:〈過去を見直すための視点の広角化〉

 

●日時:2017年7月29日(土)午後1:30~午後6:00  

〈研究報告60分+質疑応答60分〉×2本

●場所:滋賀県埋蔵文化財センター 2階研修室

   http://shiga-bunkazai.jp/%e5%88%a9%e7%94%a8%e6%a1%88%e5%86%85/

   JR瀬田駅発 滋賀医大(大学病院)行きバス 「文化ゾーン前」下車徒歩5分 

(帝産バス12:45発 もしくは 近江バス1305発の乗車がおススメです。)

 

●報告1:

柳原 麻子さん| 大津市教育委員会 |

縄文時代中期から晩期の中部地方における植物利用(2)

(要旨)縄文時代中期から晩期の中部地方における植物利用の変化を石器組成研究、植物遺体、種子レプリカ法の3つの視点から分析する。前回は縄文時代中期後半の長野県や、縄文時代中期から晩期前半の岐阜県の、台地や河岸段丘に立地する遺跡において、打製石斧が主体的に出土する傾向にあることから、それぞれが雑穀を利用していた可能性を指摘した。今回はさらに実際に遺跡から出土した植物遺体や、岐阜県で実施したレプリカ調査の成果を基に、実際にどのような植物が利用されていたのかを検討する。

 

●報告2:

渋谷 綾子さん | 国立歴史民俗博物館 | 

混雑物分析を用いた文書料紙の調査研究:形態的史料情報の共有化への試み

(要旨)報告者は現在,国立歴史民俗博物館の「総合資料学の創成」事業において文書の紙質調査に取り組んでいる。文書料紙の調査研究はこれまで歴史学や関連諸分野が蓄積してきており,また史料をモノとして研究する形態的史料研究では,厚み,重さ,賽の目など料紙に関するデータと,光学顕微鏡などを用いた紙の繊維の特定や状態の把握が主に進められてきた。一方,製紙工程で填料(添加物)として用いられる米粉に含まれるデンプン粒のように,料紙の混雑物に焦点を当てた研究はほとんど進展していない。これまで報告者が進めてきた残存デンプン粒分析の手法が,文書の紙の研究に対して,どのような視点を与え,どのような新しい成果を生み出すことができるのか。本研究は端緒についたところだが,今回の発表では,文書料紙の調査研究の方法と現在までの成果,今後の方向性などについて検討を行う。



cemetery-2218277_640

Ours-News! 近江貝塚研究会第284回例会のご案内  

 

特集:改めて見直す
   〈墓制から社会を読み解く方法と展望〉 

 

日時:2017年6月17日(土)午後1:30~午後6:00  

研究報告60分+質疑応答60分  ×2本

場所:滋賀県埋蔵文化財センター 2階研修室

JR瀬田駅発 滋賀医大(大学病院)行きバス 「文化ゾーン前」下車徒歩5分 

(帝産バス12:45発 もしくは 近江バス1305発の乗車がおススメです。)

参加費等:無料・事前申込不要

 

報告1:

中村 大さん| 立命館グローバル・イノベーション研究機構 |

所変われば意味変わる:亀ヶ岡文化期の墓制の地域性とその解釈

(要旨)東北北部の縄文晩期の墓制を題材に、物質文化の解釈における地域性の把握と空間スケール設定の重要性を論じる。そのなかで階層化社会の学史的意義にも言及する。

 

報告2:

藤井 整さん | 京都府教育委員会 |

 方形周溝墓制における変質と構造

(要旨)墓地における変化は、社会変化を直接的に反映したものなのか。弥生時代研究における現象の説明について考える。

________ 

・毎回の例会情報はブログ(http://koukogaku.blog.jp/ )掲載中 ⇒

・懇親会(会費3000円前後)もあります。親交拡大にご活用下さい(JR大津駅前「養老の滝」の予定)。

・インフルエンザ等の流行などに伴い、急遽中止になることもあり。

怪しいときは090-1441-5104(瀬口眞司携帯)やブログで確認してください。


lotus-flower-1062386_640

Ours-News-Preview! 近江貝塚研究会事務局からのご案内です。

 

◆あんなに楽しみだったゴールデンウィークもあっさり終わり、改めてエンジン再始動!というわけで、今回は8月例会の速報版。必死で頑張っている学生2名の研究報告を通して、情報とモノの流れの捉え方を学びます。一緒にブラッシュアップしてまいりましょう!詳細は後日ご連絡。日程・内容などの概要は以下の通り。是非いますぐカレンダー・手帳にご記入ください!

 

8月例会(第286回)  特集:情報とモノの流れの捉え方/土器と下呂石を素材にして 

日時 8月26日(土)13:30~  

会場 滋賀県埋蔵文化財センター・2階研修室 

http://www.shiga-bunkazai.jp/%e5%88%a9%e7%94%a8%e6%a1%88%e5%86%85/

 

報告1, 岩永 祐貴さん| 奈良大学大学院 |

〈タイトル〉岐阜県飛騨地方における縄文時代中期後半の土器群2

〈あらまし〉飛騨地域における、縄文時代中期後半土器群の系統の整理を行い、当該地域の土器製作技法を周辺地域と比較し、製作技法の受容の実態を検討する。

 

報告2, 山内 良祐さん| 名古屋大学大学院 |

〈タイトル〉縄文時代の長良川中・上流域における下呂石利用

〈あらまし〉石器石材利用状況から石材がどのように流通していたのかを探る。


drop-of-water-862316_640

◆いよいよ新年度。相変わらずバタバタの日々ですが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。本日は5月例会のご案内。特集名は、玉から探る時代の転換/縄文から弥生へ。研究の先端に立つお二人にご発表いただきます!

-------------------------------------

◆近江貝塚研究会 第283回例会  
 特集:玉から探る時代の転換/縄文から弥生へ

 

日時:2017513日(土)午後1:30~午後6:00  

〈研究報告60分+質疑応答60分〉×2本

場所:滋賀県埋蔵文化財センター 2階研修室

    http://shiga-bunkazai.jp/%e5%88%a9%e7%94%a8%e6%a1%88%e5%86%85/  

    JR瀬田駅発 滋賀医大(大学病院)行きバス 「文化ゾーン前」下車徒歩5分 

(帝産バス12:45発 もしくは 近江バス1305発の乗車がおススメです。)

 

報告1:廣瀬 時習さん| 大阪府立近つ飛鳥博物館 | 

弥生成立期の玉とその展開―朝鮮半島とのつながりと地域色―

(要旨)縄文・弥生移行期から弥生時代前半における朝鮮半島および日本列島の管玉の比較から、玉の地域性を検討する。この発表では、両地域の管玉の形や製作技術から、弥生時代開始期における日本と朝鮮半島の交流について、その流通ルートや日本列島での地域的なあり方について考えたい。

 

報告2:河村 好光さん | 石川考古学研究会 | 

ヒスイアクセサリーからみた縄文から弥生

(要旨)ヒスイは、縄文時代後晩期に北陸糸魚川周辺地帯から北海道南部および津軽海峡圏に大半が運ばれ、弥生時代になると北部九州に需要地が移る。縄文ヒスイアクセサリーとはどういうものか、弥生時代に何がどう変わるのか。大きく転じるヒスイの流通を北陸の玉つくり遺跡の動態を軸に跡づけていこう。日本諸島北東部を中心とする縄文文化圏の解消、地域における選択可能性、大陸文化に連なる民の形成といった論点をまじえ、縄文から弥生、時代の移行像に迫りたい。

_________________________________

・懇親会(会費3000円前後)もあります。親交拡大にご活用下さい

JR大津駅前「養老の滝」の予定)。

・災害やインフルエンザ等の流行などに伴い、急遽中止になることもあります。

 怪しいときはお手数ですが、必ず 瀬口携帯 090-1441-5104(それからブログ!http://koukogaku.blog.jp/ )などでご確認下さい。


lighthouse-93487_640

Ours-News-Preview! 近江貝塚研究会事務局からのご案内です。

 

◆とうとう2016年度も終わりました。何だかバタバタでふわふわした1年を反省・・。今年度はしまって行こうかなっと!というわけで、今回は7月例会の速報版。

過去を見直すための方策の一つに〈視点の広角化〉があげられます。広角的に得た情報を総合化し、新たな像を見出す試みの実践例をご発表いただきましょう!特に植物利用に興味のある方も要チェック。7月も目が離せませんよー。

詳細は後日ご連絡しますが、日程・内容などの概要は以下の通り。是非カレンダー・手帳にご記入ください!

――――――――

 

7月例会(第285回)  

特集:過去を見直すための視点の広角化/その実践例を学ぶ 

 

日時 7月29日(土)13:30~  

会場 滋賀県埋蔵文化財センター・2階研修室 

http://www.shiga-bunkazai.jp/%e5%88%a9%e7%94%a8%e6%a1%88%e5%86%85/

 

◆報告1, 柳原 麻子さん| 大津市教育委員会 |

〈タイトル〉縄文時代後晩期の中部地方における植物利用(2)

〈あらまし〉中部地方の縄文時代中期から晩期の植物利用方法の変化について、石器組成・遺跡立地・植物遺体・種子圧痕から考察を行う。特に今回は植物遺体・種子圧痕の検出状況に焦点を当てて検討を進める。

 

◆報告2, 渋谷 綾子さん | 国立歴史民俗博物館

〈タイトル〉残存デンプン粒分析を用いた日本史史料の研究

〈あらまし〉報告者はこれまで考古科学の分野で残存デンプン粒分析を実施してきた。現在,この分析方法を日本史史料への応用を開始しており,本報告ではどのような調査が可能なのか,方法や研究の方向性について検討したい。

 

(瀬口眞司)


water-lilies-1825477_640

【ご注意・日程変更連絡含む!】

Ours-News-Preview! 近江貝塚研究会事務局からのご案内です。

 

◆今回は6月例会の速報版。縄文から弥生への移行期を対象に、改めて見直す〈墓制から社会を読み解く方法と展望〉!


特に意識しますのは、①観察・考察の基盤となる理論・先行研究に関する徹底的な洗い直し、②資料と理論の関係の吟味と実践など。
詳細は後日ご連絡しますが、日程・内容などの概要は以下の通り。是非カレンダー・手帳にご記入ください!

――――――――

◆6月例会(第284回)  
特集:改めて見直す〈墓制から社会を読み解く方法と展望〉 


日時※これまで一部で6月24日でお知らせしておりましたが、
   都合により【1週間早まりました】のでご注意ください!

   変更後正式日程 ⇒ 6月17日(土)13:30 
 

会場 滋賀県埋文センター・2階研修室 

 

報告1, 中村 大さん| 立命館グローバル・イノベーション研究機構 |

〈タイトル〉所変われば意味変わる:亀ヶ岡文化期の墓制の地域性とその解釈

〈あらまし〉東北北部の縄文晩期の墓制を題材に、物質文化の解釈における地域性の把握と空間スケール設定の重要性を論じる。そのなかで階層化社会の学史的意義にも言及する。

 

報告2, 藤井 整さん | 京都府教育委員会

〈タイトル〉方形周溝墓制における変質と構造

〈あらまし〉墓地における変化は、社会変化を直接的に反映したものなのか。弥生時代研究における現象の説明について考えます。

 

ではでは!!  瀬口眞司


neolithic-970713_640

九州大学埋蔵文化財調査室の森貴教さんから弥生石器研究ワークショップのご案内です。よろしければ是非! 
(瀬口眞司)

 

◆第1回弥生石器研究ワークショップ(佐賀大会)◆

 

 第1回弥生石器研究ワークショップを5月13日(土)に佐賀県吉野ヶ里歴史公園で開催することになりました。「吉野ヶ里遺跡の石斧と石庖丁」がテーマです。弥生時代を代表する大規模集落の石斧・石庖丁を一緒に見ながら検討する機会になればと考えています。気軽に、皆様お誘い合わせの上、ふるってご参加下さい。

 

 参加される方は準備の都合上、①お名前、②ご連絡先(Eメールアドレスなど)、③懇親会参加のご希望を明記のうえ、下記問い合わせ先か森(tmori.kyushugmail.com *は@)までご連絡下さい。

よろしくお願いいたします。

 

****************************************************

第1回弥生石器研究ワークショップ(佐賀大会)開催要項

1 趣  旨

 近年、弥生時代における佐賀平野の大規模環壕集落である吉野ヶ里遺跡の発掘調査報告書が佐賀県教育委員会から刊行された。この発掘調査報告書に掲載されている、太形蛤刃石斧約615点、片刃石斧約300点、石庖丁約900点の膨大な出土資料は、弥生時代の石器生産・流通の研究を大きく展開する上で極めて重要な資料といえる。今回の研究会では、これら吉野ヶ里遺跡出土の石斧と石庖丁を対象として通観し、吉野ヶ里遺跡における弥生石器の生産と流通の概略を把握することを目的とする。

2 主  催  弥生石器研究会・佐賀県教育委員会・佐賀県立博物館

3 共  催  吉野ヶ里歴史公園マネジメント共同企業体 吉野ヶ里公園管理センター

4 テ ― マ  「吉野ヶ里遺跡の石斧と石庖丁」

5 日  時  平成29(2017)年5月13日(土)10:0016:50

6 場  所  場所:吉野ヶ里歴史公園 東口 多目的ホール

7 参加対象  研究者及び一般(50100名) 事前申し込み(当日参加も可能)

8 参 加 費  無料(但し入園料・駐車場料金は別途必要)

9 スケジュール

10:00        開場、受付

10:30-10:40 趣旨説明・諸注意等

10:40-11:10 講演① 北部九州における磨製石器研究-石斧・石庖丁を中心に-(九州大学埋蔵文化財調査室・森 貴教)

11:10-11:40 講演② 東北部九州における磨製石器研究-石斧・石庖丁を中心に-(北九州市埋蔵文化財調査室・梅崎恵司)

11:40-12:00 講演③ 吉野ヶ里遺跡の磨製石器の概要(佐賀県教育庁文化財課・渡部芳久)

12:00-13:00 昼食

13:00-16:00 資料自由見学

16:00-16:30 意見交換・コメント(当日の参加者)

16:30-17:00 閉会、片付け

なおワークショップ終了後、JR佐賀駅周辺で懇親会を予定。

10 問い合わせ先

佐賀県教育庁文化財課 吉野ヶ里遺跡発掘調査事務所

TEL/FAX 0952-52-9735  E-mail watanabe-yoshihisapref.saga.lg.jp *を@に変換してください。


↑このページのトップヘ