考古学ブログ: Ours! 近江貝塚研究会

その事務局員が成長を目指して綴るバラエティー

タグ:アート

cave-paintig-490205_640考古学と世の中をつなぐ・・・そのあたりの方法を考え続けたい人、必見!考古学がアートとコラボると、どんな果実が実るのか?パブリック・アーケオロジーという観点から、そんな問いかけを探り続ける素敵なイベント、アート&アーケオロジー・フォーラムのご案内です。

 以下、その首謀者、A&Aフォーラム事務局・村野正景さんからのメッセージ。

“第8回アート&アーケオロジー・フォーラムの日時が決まりましたのでお知らせいたします。
第1回を実施したのが昨年6月29日ですから、すでに約1年経ちました。そこで今回は、これまでの成果をいったん振り返り、残り1年に迫ったWAC-8に向けて皆様と意見交換をおこなう談話会(座談会)を実施したいと思います。お誘い合わせの上、ご参加いただければ幸いです。“

 

テーマ:第1回〜第7回までの成果を振り返ろう

話題:「みえるもの・みえないもの Art & Archaeology 談話会」

話題提供者:これまでの話題提供者((出席予定)松井利夫、村野正景、渡辺裕穂、矢野健一、清水志郎、伊達伸明、安芸早穂子、中村大、日下部一司)、参加者の皆様

 

日 時:2015年7月5日(日)15:00〜17:00

場 所:京都文化博物館 本館6階(畳の部屋)www.bunpaku.or.jp

連絡先:京都府京都文化博物館学芸課 村野正景

Tel 075-222-0888(代) Email m-muranobunpaku.or.jp ●を@に替えて下さい。

パブリック・アーケオロジーという分野で、考古学とそれ以外の世界をつなぐ仕組みを探る動きが盛んになる中、村野正景さん(京都文化博物館)をはじめとする〈おもしろメンバー〉が、伝統からポップまで多様な芸術に関わる人々に開かれたフォーラムを、考古学とアートが出会う場として開催されています。今回はその〈第7回〉のご案内!

◇テーマ:アーチストの考古学にふれる3

◇話 題:「眼の居場所」

◇話題提供者:日下部一司(大阪芸術大学附属大阪美術専門学校総合アート学科教授)
 日常生活を通しての視点や対象となる物のあり方から、視覚の作用と認識(捉え方)の問題に触れる作品を制作してきた。版画や写真・経年劣化した素材による立体作品等、様々な媒体と手法を用いて発表を続けている。

◇もう一つの話題:毎回本物の発掘出土品触察・解説タイムがあります

◇日 時:2015530日(土)15:0017:00
 (触察タイム・発表60分程度+意見交換60分程度)

◇場 所:京都文化博物館本館6階(畳の部屋) http://www.bunpaku.or.jp

◇連絡先:京都府京都文化博物館学芸課村野正景 Tel 075-222-0888(代)

      Email m-muranobunpaku.or.jp ●をアットマークに。

     ※事前申込不要・参加費無料

◇注 意:畳の和室を使うので、とくに女性の方は服装にご注意くださいとのこと。

↑このページのトップヘ